メニューを開く 検索 ログイン

ワクチン後心筋炎、見逃し例が多数存在か

心電図、心エコーだけでは不十分

2022年04月06日 05:05

43名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)mRNAワクチン接種の副反応として心筋炎(ワクチン後心筋炎)が報告されているが、頻度は極めて低いとされる(関連記事「コロナワクチン添付文書に追記された『心筋炎』、その実態を追う」)。しかし、一般の診療所などで多用される心電図および心エコー検査で異常所見が認められなくても、心筋炎が隠れている可能性がある。東邦大学医療センター大橋病院循環器内科の粟屋徹氏は第41回日本画像医学会(2月18〜19日)で、現在の検査体制ではワクチン後心筋炎の見逃し症例が多く存在している可能性について言及。心電図および心エコー検査だけでなく、トロポニン検査や心臓MRIなどマルチモダリティによる診断の必要性を訴えた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  ワクチン後心筋炎、見逃し例が多数存在か