メニューを開く 検索 ログイン

がん遺伝子パネル検査、糖尿病専門医の役割

2022年04月08日 15:20

5名の医師が参考になったと回答 

 若年発症成人型糖尿病(MODY)は糖代謝に関わる単一遺伝子の機能障害が原因となる疾患である。日本糖尿病学会の「単一遺伝子異常による糖尿病の成因、診断、治療に関する調査研究委員会」は、MODYのサブタイプの1つであるMODY3に関し、原因遺伝子である肝細胞核因子1α(HNF1A)ががん遺伝子パネル検査(がんゲノムプロファイル検査:CGP検査)の二次的所見として検出される懸念があると公式サイトで指摘。しかし糖尿病診療が専門ではないため、糖尿病専門医が関与するよう求めている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  がん遺伝子パネル検査、糖尿病専門医の役割

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545184 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外