メニューを開く 検索

花粉症治療の遺伝子マーカーを特定

2022年04月08日 15:49

9名の医師が参考になったと回答 

 舌下免疫療法などのアレルゲン免疫療法は、スギ花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎の根治療法として期待されているが、治療応答性を予測するマーカーがなかった。福井大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科の木戸口正典氏らは、スギ花粉の舌下免疫療法を施行している患者の治療応答性とヒト白血球抗原(HLA)遺伝子型を検証。HLA-DPB1*05:01遺伝子型を保有する患者は治療応答性が低いことをAllergy2022年2月12日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  アレルギー »  花粉症治療の遺伝子マーカーを特定