メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  アレルギー »  花粉症治療の遺伝子マーカーを特定

花粉症治療の遺伝子マーカーを特定

2022年04月08日 15:49

19名の医師が参考になったと回答 

 舌下免疫療法などのアレルゲン免疫療法は、スギ花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎の根治療法として期待されているが、治療応答性を予測するマーカーがなかった。福井大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科の木戸口正典氏らは、スギ花粉の舌下免疫療法を施行している患者の治療応答性とヒト白血球抗原(HLA)遺伝子型を検証。HLA-DPB1*05:01遺伝子型を保有する患者は治療応答性が低いことをAllergy2022年2月12日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  アレルギー »  花粉症治療の遺伝子マーカーを特定