メニューを開く 検索 ログイン

高齢糖尿病のAF発症例、心血管リスク2~5倍

2022年04月08日 13:54

 心房細動(AF)は心血管疾患(CVD)の危険因子であることが知られているが、これまで高齢2型糖尿病患者におけるAF発症率の正確な推計はなかった。東京医科大学病院循環器内科講師の松本知沙氏らは、日本の2型糖尿病患者におけるアスピリンの有用性を検討したJPAD2試験の参加者を対象に、高齢2型糖尿病患者のAF発症率と予後を検討。その結果、年間約200人に1人がAFを発症しており、AF発症群では年間約20人に1人が死亡、約30人に1人に脳心血管イベントが発生し、CVDリスクがAF非発症群の2~5倍に上ったとBMJ Open Diab Res Care2022;10:e002745)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  高齢糖尿病のAF発症例、心血管リスク2~5倍

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545191 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外