メニューを開く 検索 ログイン

"自律的"インスリン投与デバイスを開発

低血糖リスク低く、簡便性と経済性に優れる

2022年04月11日 16:48

11名の医師が参考になったと回答 

 インスリン療法は糖尿病治療の根幹を成すが、患者や介護者の負担は重くQOLを損ない、低血糖などの重篤な副作用リスクもある。これらの問題を克服するため、名古屋大学環境医学研究所教授の菅波孝祥氏は、東京医科歯科大学生体材料工学研究所准教授の松元亮氏らとともに、電源やモーターなどの装置が不要で低血糖リスクが低く、安価な自律的インスリン投与デバイス(スマートインスリンデバイス)を開発。その特徴や臨床応用へ向けた研究状況を第56回糖尿病学の進歩(2月25~26日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  "自律的"インスリン投与デバイスを開発

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545185 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外