メニューを開く 検索 ログイン

血清GA値と心血管疾患リスクに正の関連

久山町研究で検討

2022年04月11日 16:55

10名の医師が参考になったと回答 

 血清グリコアルブミン(GA)値は、直近2~3週間の平均血糖値を反映し、血糖変動を示すマーカーである。血糖変動は高血糖とは独立して心血管疾患発症に関連するが、地域住民における血清GA値と心血管疾患発症リスクとの関連性は十分に検討されていない。九州大学大学院衛生・公衆衛生学分野教授の二宮利治氏は、福岡県久山町における地域住民を対象とした追跡調査の結果から、血清GA値の上昇に伴い心血管疾患発症リスクが有意に上昇したことを第56回糖尿病学の進歩(2月25~26日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  血清GA値と心血管疾患リスクに正の関連

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545187 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外