メニューを開く 検索 ログイン

神経障害性疼痛に漢方薬、早期投与で著効

牛車腎気丸に期待

2022年04月12日 05:00

27名の医師が参考になったと回答 

 近年、痛みの慢性化による経済損失は、がんや糖尿病、心疾患を超えるともいわれており、取り組みが必要な喫緊の問題となっている。特に難治性とされるのが神経障害性疼痛である。滋賀医科大学病院麻酔科講師の中西美保氏は、神経障害性疼痛に対する漢方薬の鎮痛機序について第51回日本慢性疼痛学会(2月25~26日)で解説。中でも、漢方薬の牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)の中枢神経系への効果や早期の鎮痛効果について期待を示した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  神経障害性疼痛に漢方薬、早期投与で著効