メニューを開く 検索 ログイン

SGLT1/2阻害薬、CVD既往関係なく有効

SCORED試験のサブグループ解析

2022年04月13日 05:00

8名の医師が参考になったと回答 

 SCOREDは、慢性腎臓病(CKD)を有する2型糖尿病に対するSGLT1/2阻害薬sotagliflozinの心血管イベント予防効果を検証した二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験で、2020年に開催された米国心臓協会学術集会(AHA 2020)で既に解析結果が発表されている(関連記事「SGLT2阻害薬は大半の2型糖尿病に使用可能」)。米・Brigham and Women's HospitalのDeepak L. Bhatt氏らは、心血管疾患既往の有無別の解析結果を第71回米国心臓病学会(ACC.22、4月2~4日)で発表。主要心血管イベントの発生の予防において、心血管疾患既往の有無にかかわらず、sotagliflozinが良好な結果を示したことを報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  SGLT1/2阻害薬、CVD既往関係なく有効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545223 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外