メニューを開く 検索 ログイン

コロナ、嗅覚・味覚障害で治療長期化

日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会が声明

2022年04月13日 16:00

12名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が続く中、回復後に倦怠感や息切れ、認知機能障害などの後遺症が一定数で現れることが明らかになっている。Long COVIDと呼ばれ、症状が遷延化し、日常生活に支障を来す例も報告されている。嗅覚・味覚障害、めまい、耳鳴り、難聴を訴え、耳鼻咽喉科を受診する例もいることを受けて、日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会は4月11日、特に嗅覚・味覚障害を来した患者への対応について声明を発表。同学会員に向けて、患者に対し治療には長期を要することを説明した上で、精神面でのサポートも含めた診療を行うよう求めた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ、嗅覚・味覚障害で治療長期化