メニューを開く 検索

白内障治療、3焦点レンズがさらに進化

一部保険適用で手が届きやすく

2022年04月14日 17:20

18名の医師が参考になったと回答 

 日本アルコンは本日(4月14日)、白内障治療用3焦点眼内レンズ「Clareon PanOptix Trifocal」(以下、Clareon PanOptix)の発売を開始した。これに先立つ4月13日、同社は記者発表会を開催。登壇した東京歯科大学水道橋病院眼科特任教授のビッセン宮島弘子氏は「3焦点眼内レンズは、これまでの臨床報告で良好な結果が得られている。素材とデザインの改良により、さらなる成績の向上が期待される」との見解を示した。(関連記事:「白内障治療で3焦点眼内レンズが登場」

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »   »  白内障治療、3焦点レンズがさらに進化