メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ慢性化の本態は、間質性肺炎か

コロナ慢性化の本態は、間質性肺炎か

2022年04月15日 05:00

117名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の臨床像については研究が進んでいるものの、病理学的観点からの検討は十分でない。横浜市立大学病態病理学教室准教授の奥寺康司氏は第41回日本画像医学会(2月18〜19日)で、「COVID-19重症例および回復例における肺病変の本態は肺胞傷害である」と指摘。慢性化例においては「活動性の線維増生を示す間質性肺炎が本態である可能性がある」とし、慢性化する要因についても考察した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ慢性化の本態は、間質性肺炎か