メニューを開く 検索 ログイン

糖尿病リスクの高い抗てんかん薬は?

2022年04月15日 18:00

4名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 米・Harvard Medical School and Harvard Pilgrim Health Care InstituteのJenny W. Sun氏らは、抗てんかん薬と2型糖尿病の発症リスクとの関連を検討するため、成人27万4,206例、小児7万4,005例を対象としたコホート研究を実施した。その結果、カルバマゼピン、ラモトリギン、オクスカルバゼピン、バルプロ酸のうち、2型糖尿病の発症リスクはバルプロ酸で最も高かったとJAMA Netw Open2022; 5: e226484)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  糖尿病リスクの高い抗てんかん薬は?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545267 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外