メニューを開く 検索

ポドプラニンのヒト化中和抗体を創製

骨肉腫などへの臨床応用に期待

2022年04月15日 18:10

3名の医師が参考になったと回答 

 近年がん治療では、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬などの新しい作用機序を持つ薬剤が大きな役割を果たすようになった。しかし、こうした薬剤の適応となるがん種は限られており、希少がんを標的とした医薬品開発は進まない現状がある。がん研究会がん化学療法センター(東京都)所長の藤田直也氏らは、骨肉腫に高発現するムチン型糖蛋白質ポドプラニンの血小板凝集誘導を抑制するヒト化中和抗体AP201を創製したとClin Cancer Res(2022年4月5日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  ポドプラニンのヒト化中和抗体を創製