メニューを開く 検索 ログイン

新規コロナ経口薬、中間解析で死亡率55%減

米・Veruのsabizabulin

2022年04月15日 16:25

11名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行への切り札とされる経口薬。米国のバイオ医薬品メーカーVeruは4月11日、開発中の新規経口COVID-19治療薬sabizabulinが、第Ⅲ相臨床試験の中間解析結果において中等症〜重症のCOVID-19患者の死亡率を55%抑制したと発表した。同社は試験を早期中止し、米食品医薬品局(FDA)と緊急使用許可(EUA)申請の協議に入るとしている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  新規コロナ経口薬、中間解析で死亡率55%減