メニューを開く 検索 ログイン

PK欠乏症、初の疾患修飾薬mitapivat

第Ⅲ相ACTIVATE試験

2022年04月19日 05:00

2名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 ピルビン酸キナーゼ(PK)欠乏症の溶血性貧血に対するファーストインクラスの経口PK活性化因子mitapivatの安全性と有効性が確認された。米・Massachusetts General Hospital/Harvard Medical SchoolのHanny Al-Samkari氏らは、定期的な赤血球輸血を受けていないPK欠乏症患者に対するmitapivatの有効性と安全性を検討した国際共同第Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)ACTIVATEの結果をN Engl J Med2022; 386: 1432-1442)に発表。「mitapivat はPK欠乏症に対する初めての疾患修飾薬となった」と述べている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  血液 »  PK欠乏症、初の疾患修飾薬mitapivat