メニューを開く 検索 ログイン

CKDの残存CVリスクは"炎症"が主犯

CANTOS二次解析

2022年04月20日 05:00

4名の医師が参考になったと回答 

 心血管疾患(CVD)の再発を防ぐ上で、適切なスタチン療法によっても残存する心血管(CV)リスクをどう低減するかは、大きな課題だ。そうした中、スタチンの投与を受けている心筋梗塞(MI)後患者では、慢性腎臓病(CKD)の有無によってCVイベント再発を促す残存リスクの規定因子が異なり、CKD合併例では炎症の寄与が大きいことが明らかになった。米・Brigham and Women's HospitalのPaul M. Ridker氏らが、第Ⅲ相試験CANTOS※1の9,100例超を対象とした二次解析を基に、第71回米国心臓病学会(ACC.22、4月2~4日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  CKDの残存CVリスクは"炎症"が主犯

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545304 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外