メニューを開く 検索 ログイン

心不全へのSGLT2阻害薬、症状によらず有効

第Ⅲ相ランダム化比較試験EMPULSEのKCCQ-TSS別の解析

2022年04月21日 16:47

1名の医師が参考になったと回答 

 心不全に対するSGLT2阻害薬エンパグリフロジンは、糖尿病の有無や左室駆出率(LVEF)に関係なく有効であることが明らかにされている(関連記事「急性心不全の新たな選択肢となるか」)。米・University of MissouriのMikhail Kosiborod氏らは、同薬の第Ⅲ相ランダム化比較試験EMPULSEにおいて、カンザスシティ心筋症質問票総合症状スコア(KCCQ-TSS)による重症度別の解析を行い、症状にかかわらず良好な結果が得られたことを第71回米国心臓病学会(ACC.22、4月2~4日)で報告。詳細は、Circulation2022年4月4日オンライン版)で同時掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  心不全へのSGLT2阻害薬、症状によらず有効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545303 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外