メニューを開く 検索 ログイン

狭窄が「軽度」でもプラークは巨大!

症候性軽度頸動脈狭窄病変の臨床的特徴

2022年04月21日 05:05

8名の医師が参考になったと回答 

 近年、不安定プラークを伴う症候性軽度頸動脈狭窄病変(以下、症候性軽度狭窄症)の存在が知られるようになり、『脳卒中治療ガイドライン2021』においても症候性軽度狭窄症に対するクリニカルクエスチョン(CQ)項目が追加された。しかしその特徴については不明な点が多い。倉敷中央病院(岡山県)脳神経外科・脳卒中科部長の黒﨑義隆氏らは、狭窄度が50%未満の症候性軽度狭窄症の臨床的特徴と長期治療成績を検討した結果をSTROKE 2022(3月17~20日)で発表。症候性軽度狭窄症はプラークの生成・進展に伴い血管外径が拡大する陽性リモデリングを特徴とし、プラーク体積が大きくても狭窄率は低く算出されてしまうことを指摘した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  狭窄が「軽度」でもプラークは巨大!