メニューを開く 検索 ログイン

視神経脊髄炎の抗体薬、4割でステロイド減

サトラリズマブのSAkuraSky試験の継続投与データ解析

2022年04月25日 05:00

8名の医師が参考になったと回答 

 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター神経研究所免疫研究部部長の山村隆氏らは、視神経脊髄炎スペクトラム障害(NMOSD)患者を対象に、経口ステロイド薬などの免疫抑制薬に上乗せしたヒト化抗インターロイキン(IL)-6受容体抗体サトラリズマブの有効性と安全性を評価した第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験SAkuraSkyの非盲検継続投与試験(open label extension;OLE)のデータを解析。ステロイド減量効果と安全性を検証した結果、4割超(36例中16例)でステロイドの減量が可能で、うち3例はステロイドを完全に中止し、無再発を維持したとMult Scler Relat Disord2022年3月24日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  視神経脊髄炎の抗体薬、4割でステロイド減