メニューを開く 検索

最低4時間の離床で嚥下機能維持

要介護高齢者対象の横断研究

2022年04月25日 18:55

70名の医師が参考になったと回答 

 東京医科歯科大学大学院摂食嚥下リハビリテーション学分野教授の戸原玄氏らは、65歳以上の要介護高齢者90例を対象に離床時間と全身の筋肉量および摂食嚥下機能の関係を検討する横断研究を実施。その結果、離床は摂食嚥下リハビリテーション(以下、リハビリ)として有効であり、4時間以上の離床では摂食嚥下機能が保たれ、さらに6時間以上で全身の筋肉量が保たれることが示されたとGerontology2022年4月12日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  高齢者 »  最低4時間の離床で嚥下機能維持