メニューを開く 検索 ログイン

不妊治療による出生児、3歳時に発達遅延

2022年04月25日 19:00

11名の医師が参考になったと回答 

 出産年齢の高齢化に伴い増加する不妊治療。みやけウィメンズクリニック(千葉市)院長の三宅崇雄氏らは、「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」のデータを用い、自然妊娠による出生児と不妊治療による出生児における3歳時の神経発達状況を比較した。その結果、不妊治療による出生児で発達遅延の頻度が高かったと、Reprod Med Biol2022; 21: e12457)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  小児 »  不妊治療による出生児、3歳時に発達遅延

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545403 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外