メニューを開く 検索 ログイン

くも膜下出血後の重篤な合併症に新薬登場

脳血管攣縮に関連した脳梗塞などの発症抑制示す

2022年04月26日 16:15

8名の医師が参考になったと回答 

 脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血(aSAH)後に生じる脳血管攣縮は、脳梗塞を引き起こすなど転帰不良をもたらす最も重篤な合併症の1つである。いまだ治療が困難な脳血管攣縮やこれに伴う脳梗塞や脳虚血症状の発症抑制効果を有するエンドセリン(ET)受容体拮抗薬クラゾセンタン(商品名ピヴラッツ)が世界に先駆けて、日本で4月20日に発売された。製造販売元であるイドルシア ファーマシューティカルズ ジャパンが同日開催したメディアセミナーでは、東北大学病院病院長の冨永悌二氏が登壇。同薬登場の意義について「脳血管攣縮の第一選択薬として使われる可能性が極めて高い。同薬の登場は脳外科医にとって非常に歓迎すべきこと」と期待を示した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

10日の参院選、投票に行きますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  くも膜下出血後の重篤な合併症に新薬登場