メニューを開く 検索

臨床腫瘍学会、5-FU流通量不足に見解示す

2022年04月26日 16:35

4名の医師が参考になったと回答 

 現在、アルブミン懸濁型パクリタキセル(nab-パクリタキセル、商品名アブラキサン点滴静注用 100mg)の出荷調整(関連記事:「nab-パクリタキセル、6月目途に出荷調整解除」)の影響により静注用フルオロウラシル(5-FU)の流通量が不足している。そのため、同薬を扱う医療施設では、治療に深刻な影響が出ている。日本臨床腫瘍学会は4月21日、製造販売元の協和キリンと東和薬品の2社にヒアリングなどをしたことを発表。2社ともに昨年(2021年)8月ごろより出荷調整を行い、新規契約を見合わせるなどの措置をしていることを報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  臨床腫瘍学会、5-FU流通量不足に見解示す