メニューを開く 検索 ログイン

カテ焼灼後の心房細動、SGLT2で有意に抑制

DPP-4阻害薬と比較した前向きランダム化比較試験で検討

2022年04月26日 17:20

14名の医師が参考になったと回答 

 糖尿病治療薬SGLT2阻害薬は近年、心不全をはじめ種々の心腎疾患に対する有効性が検討されている。そこで兵庫医科大学循環器・腎透析内科/貴島病院本院(大阪府)循環器内科の貴島秀行氏は、カテーテルアブレーション(CA)後における心房細動(AF)再発リスクの抑制効果に関して、SGLT2阻害薬とDPP-4阻害薬を比較検討する前向きランダム化比較試験(RCT)を実施。その結果、DPP-4阻害薬群に比べ、SGLT2阻害薬群でAF再発抑制率が高かったと第86回日本循環器学会(3月11~13日)で発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  カテ焼灼後の心房細動、SGLT2で有意に抑制

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545428 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外