メニューを開く 検索

長時間作用型抗体薬のコロナ予防効果

AZD7442の第Ⅲ相試験の一次解析

2022年04月26日 18:10

3名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 米・University of Colorado School of MedicineのMyron J. Levin氏らは、アストラゼネカの長時間作用型抗体薬tixagevimab/cilgavimab(以下、AZD7442)による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防効果と安全性を検討する第Ⅲ相ランダム化比較試験PROVENTの一次解析結果の詳細をN Engl J Med2022年4月20日オンライン版)で報告(関連記事「新規抗体医薬でコロナ発症リスク77%減」)。AZD7442単回投与は安全性の懸念なしにCOVID-19の予防に有効であることから、米食品医薬品局(FDA)は、既に昨年(2021年)12月に同薬の緊急使用を許可、今年になり追加供給を決めている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  長時間作用型抗体薬のコロナ予防効果