メニューを開く 検索 ログイン

若年の線維筋痛症の背景に完璧主義傾向

2022年04月28日 14:32

7名の医師が参考になったと回答 

 全身または体の一部に慢性的な痛みが持続し、日常生活に支障を来す場合もある線維筋痛症。好発年齢は30~50歳代とされるが、中には10歳代から30歳前半と若年世代にも見られるという。九州大学病院心療内科の安野広三氏は、中年期以降と比較的若年期の発症例を対象に臨床的特徴を比較検討した結果を第51回日本慢性疼痛学会(2月25~26日)で発表。「比較的若年の発症例では罹病の背景に完璧主義傾向が強く見られた」と報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  若年の線維筋痛症の背景に完璧主義傾向