メニューを開く 検索 ログイン

左室駆出率別に心不全死亡リスクを検証

2022年05月02日 13:02

7名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 心不全は左室駆出率(LVEF)に基づき、LVEFが低下した心不全(HFrEF)、LVEFが保たれた心不全(HFpEF)、LVEFが軽度低下した心不全(HFmrEF)に大きく分類され、これら分類別の予後についてはさまざまな見解がある。中国・Guangdong Academy of Medical SciencesのShiqun Chen氏は、心不全で入院した患者をHFrEF、HFpEF、HFmrEFに分類し、5年全死亡率を検証。結果をESC Heart Fail2022年4月18日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  左室駆出率別に心不全死亡リスクを検証

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545448 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外