メニューを開く 検索

統合失調症の発症過程にAGEsが関連か

2022年05月06日 17:55

21名の医師が参考になったと回答 

 老化を進める原因物質として注目されている終末糖化産物(Advanced glycation end-products;AGEs)は、糖尿病などさまざまな疾患に関与することが知られている。東京都医学総合研究所社会健康医学研究センター心の健康ユニットの宮下光弘氏の研究グループは、心の中を読み取られる、他人には聞こえない声を聞いたことがあるなどの精神病様症状体験(Psychotic Like Experiences;PLEs)が持続した思春期児童でAGEsの蓄積が認められたと、第16回日本統合失調症学会(3月20~21日)で報告。「統合失調症の発症プロセスにAGEsが関与することが示唆された」と述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  統合失調症の発症過程にAGEsが関連か