メニューを開く 検索 ログイン

再生医療の「財政的リスク」を試算

2022年05月06日 05:00

35名の医師が参考になったと回答 

 一部の再生医療について、安全性や有効性が十分に検証されずに自由診療として提供する事例が問題視されている。日本における再生医療とその規制に着目した研究を行っている静岡社会健康医学大学院大学講師の八田太一氏をはじめとする大阪大学感染症総合教育研究拠点大阪大学社会技術共創研究センター、京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門、京都大学高等研究員ヒト生物学高等研究拠点、国立がん研究センター研究支援センター/生命倫理部の研究グループは、日本の自由診療で提供される再生医療に対する還付金の総額を試算。リスクは再生医療を提供する医師・医療機関と患者間の私的なものにとどまらないと警鐘を鳴らした。研究の詳細はStem Cell Reports(2022年4月21日オンライン版)に発表された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  医療制度 »  再生医療の「財政的リスク」を試算

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545483 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外