メニューを開く 検索 ログイン

鼻腔粘膜細胞シート、ピボタル試験が進行中

世界に先駆け中耳粘膜再生医療の実用化へ

2022年05月09日 17:15

9名の医師が参考になったと回答 

 治療選択肢が限られている慢性中耳炎症性疾患に対し、鼓室形成術と鼻腔粘膜細胞シート併用の有効性と安全性を検討する医師主導のピボタル試験が進行中である。東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室講師の森野常太郎氏は第21回日本再生医療学会(3月17〜19日)で、同シートを用いた中耳粘膜再生医療について解説。これまでの臨床研究で15例に実施し、有効性および安全性を確認しているという。培養細胞をヒトの中耳へ移植する中耳粘膜再生医療は世界初の試み。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  耳鼻咽喉 »  鼻腔粘膜細胞シート、ピボタル試験が進行中

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545498 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外