メニューを開く 検索 ログイン

「飲酒は膵がん危険因子」を日本データで証明

愛知県がんセンター

2022年05月09日 15:50

17名の医師が参考になったと回答 

 飲酒は膵がんの危険因子であることが欧米人を対象とした研究では示されているが、日本人でのエビデンスは乏しかった。愛知県がんセンターがん情報・対策研究分野主任研究員の小栁友理子氏らは、症例対照研究により日本人においても飲酒が膵がんの危険因子であり、膵がん発がんにはALDH2遺伝子変異が関与していることが示されたとCancer Sci2022; 113: 1441-1450)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  「飲酒は膵がん危険因子」を日本データで証明

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545499 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外