メニューを開く 検索 ログイン

喀血の治療、経過観察でよいのか?

カテーテルインターベンションについての議論を呼びかけ

2022年05月10日 16:53

5名の医師が参考になったと回答 

 日常診療での遭遇が少なくない喀血に対する治療選択肢としては経過観察、薬物療法、カテーテルインターベンションの3つがあるが、多くの場合、経過観察または薬物療法が行われている。神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科医長の丹羽崇氏は第41回日本画像医学会(2月18〜19日)で、喀血診療の現状と課題について発表。経過観察や薬物療法の効果は限定的であることから、「カテーテルインターベンションによる積極的な治療介入の有用性について議論を深める必要がある」と訴えるとともに、「喀血診療のガイドライン策定を進める方針である」との意向を示した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  呼吸器 »  喀血の治療、経過観察でよいのか?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545522 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外