メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  呼吸器 »  喀血の治療、経過観察でよいのか?

喀血の治療、経過観察でよいのか?

カテーテルインターベンションについての議論を呼びかけ

2022年05月10日 16:53

35名の医師が参考になったと回答 

 日常診療での遭遇が少なくない喀血に対する治療選択肢としては経過観察、薬物療法、カテーテルインターベンションの3つがあるが、多くの場合、経過観察または薬物療法が行われている。神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科医長の丹羽崇氏は第41回日本画像医学会(2月18〜19日)で、喀血診療の現状と課題について発表。経過観察や薬物療法の効果は限定的であることから、「カテーテルインターベンションによる積極的な治療介入の有用性について議論を深める必要がある」と訴えるとともに、「喀血診療のガイドライン策定を進める方針である」との意向を示した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  呼吸器 »  喀血の治療、経過観察でよいのか?