メニューを開く 検索 ログイン

新型コロナの腹部合併症は転帰不良

COVID-19患者の経過や転帰を解析

2022年05月10日 05:00

5名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の病態解明が進むにつれ、合併症に関する検討も進められつつある。千葉県救急医療センター集中治療科部長の松村洋輔氏は、同施設で診療したCOVID-19患者の腹部合併症例に着目し、経過や転帰について解析。同合併症は重症患者で好発し、転帰不良で院内滞在が長期化する傾向があることなどを第58回日本腹部救急医学会(3月24~25日)で発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  新型コロナの腹部合併症は転帰不良

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545525 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外