メニューを開く 検索 ログイン

高齢者の肥満に内科、外科治療とも有効

2022年05月11日 14:32

3名の医師が参考になったと回答 

 高齢者においても肥満は、糖尿病や心疾患、骨・関節疾患などの重要な危険因子となるため注意が必要だ。だが、高齢者の肥満が生命予後に及ぼす影響については定まった見解はなく、やみくもに減量すると筋肉量や骨密度が低下して要介護に直結しやすいフレイルになる恐れがある。名古屋市立大学病院内分泌・糖尿病内科部長の田中智洋氏らは、肥満者の年齢が減量治療に及ぼす影響について研究を実施。内科治療および外科治療とも減量効果に年齢層による差は小さく、高齢の肥満症でも有効だった、との結果を第42回日本肥満学会(3月26~27日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  高齢者の肥満に内科、外科治療とも有効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545519 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外