メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  高齢者の肥満に内科、外科治療とも有効

高齢者の肥満に内科、外科治療とも有効

2022年05月11日 14:32

8名の医師が参考になったと回答 

 高齢者においても肥満は、糖尿病や心疾患、骨・関節疾患などの重要な危険因子となるため注意が必要だ。だが、高齢者の肥満が生命予後に及ぼす影響については定まった見解はなく、やみくもに減量すると筋肉量や骨密度が低下して要介護に直結しやすいフレイルになる恐れがある。名古屋市立大学病院内分泌・糖尿病内科部長の田中智洋氏らは、肥満者の年齢が減量治療に及ぼす影響について研究を実施。内科治療および外科治療とも減量効果に年齢層による差は小さく、高齢の肥満症でも有効だった、との結果を第42回日本肥満学会(3月26~27日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  高齢者の肥満に内科、外科治療とも有効