メニューを開く 検索 ログイン

濃厚接触者への抗体薬予防投与で医療費減

米・意思決定分析モデルを用いて検討

2022年05月11日 16:52

3名の医師が参考になったと回答 

 米・University of WashingtonのAbraham D. Flaxman氏らは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の濃厚接触者である同居家族への抗体カクテル療法薬カシリビマブ/イムデビマブ(商品名ロナプリーブ)の曝露後予防(postexposure prophylaxis;PEP)投与による効果を検討、結果をJAMA Netw Open2022; 5: e228632)に発表した。昨年(2021年)5月当時の流行状況で、COVID-19患者と同居する50歳以上の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン未接種の家族にPEP投与を行った場合、家庭内二次感染率(secondary attack rate)の高低に関係なくCOVID-19発症、入院、死亡が抑制され、高感染率シナリオでは入院費用が削減できると推定された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  濃厚接触者への抗体薬予防投与で医療費減

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545555 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外