メニューを開く 検索 ログイン

救急患者の搬送先決定までの時間を5~7割減

傷病者受け入れを「Smart119」で効率化

2022年05月11日 17:55

2名の医師が参考になったと回答 

 総務省消防庁の報告によると、全国の救急隊出動件数は年々増加傾向にあり、救急隊の現場到着および傷病者の病院収容までの時間延長が大きな課題となっている。そこで、搬送先の選定や受け入れ要請などのプロセスをICTの活用により効率化・最適化するクラウド上の救急医療情報サービス「Smart119」の開発が進められている。開発元のSmart119社(代表取締役CEO/千葉大学救急集中治療医学教授・中田孝明氏)が昨日(5月10日)開催した記者説明会では、山梨県内の消防本部および医療機関と連携し実施した実証実験において、受け入れ要請から搬送先確定までに要した時間を5~7割短縮できたことを報告。同社は今後さらなる実証実験を重ねてSmart119をアップデートした上で、救急現場での運用開始を目指すという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  救急患者の搬送先決定までの時間を5~7割減

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545567 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外