メニューを開く 検索 ログイン

美容外科業界独自の補償制度を!

美容合併症を治療する尻拭い感

2022年05月12日 10:30

52名の医師が参考になったと回答 

 美容外科手術により生じた合併症や後遺症(以下、美容合併症)を治療する場合、混合診療禁止の原則に抵触するのか、また、どの診療科で治療すべきかといったさまざまな問題について議論が起こっている。神戸大学病院美容外科診療科長/特命准教授の原岡剛一氏は第65回日本形成外科学会(4月20~22日)で、形成外科と美容外科の両者の経験を持つ立場から、実際の症例を紹介しつつ問題点を整理。美容合併症の多くを形成外科医が治療している実情を示した上で、「美容外科の尻拭い感を否定できない」と吐露し、美容外科が業界独自の補償制度を設ける必要性を強く訴えた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  美容外科業界独自の補償制度を!

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545484 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外