メニューを開く 検索 ログイン

認知症減少でも、医療・介護費増大

高齢社会日本の20年後を推計

2022年05月12日 16:40

8名の医師が参考になったと回答 

 20年後の日本では、人口の高齢化にもかかわらず認知症患者数が減少する一方で、男女・学歴格差の影響が大きい層ではフレイル合併率が高く、医療・介護費は増大すると推定された。東京大学大学院保健社会行動学特任研究員の笠島めぐみ氏らは、年齢・性・学歴別に13の慢性疾患・機能障害の有病率などを予測するミクロシミュレーションモデルを開発。この手法を用いて日本の60歳以上人口4,500万人超の健康状態データをバーチャルで再現し、2016~43年まで追跡した推計結果をLancet Public Health2022; 7: e458-468)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  臨床医学 »  認知症減少でも、医療・介護費増大

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545565 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外