メニューを開く 検索 ログイン

先進的抗リウマチ薬、費用対効果高いのは?

DAS28-CRPの改善を指標に比較検証

2022年05月13日 13:44

4名の医師が参考になったと回答 

 近年、相次いで臨床現場に登場している生物学的製剤(bDMARD)や、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬に代表される分子標的型の疾患修飾性抗リウマチ薬(tsDMARD)は、関節リウマチ(RA)の薬物療法において優れた有効性を発揮する。しかし、これらは高薬価になる傾向があり、投与に際しては患者の経済的負担も考慮する必要がある。そこで松野リウマチ整形外科(富山県)院長の松野博明氏は、RAの疾患活動性指標であるDAS28-CRPを用いて各種bDMARDおよびtsDMARDの費用対効果を第66回日本リウマチ学会(4月25~27日)で比較。費用対効果に優れる薬剤を検証した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  先進的抗リウマチ薬、費用対効果高いのは?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545551 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外