メニューを開く 検索 ログイン

コロナ感染の百寿者、「未知の疫学」が存在か

2022年05月13日 14:42

19名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死亡率は、80歳以上で13%を超えるとする報告があるものの、年齢がどの程度死亡リスクに寄与するかはよくわかっていない。多摩南部地域病院(東京都)内科の大谷咲子氏、本城聡氏らは、同院にCOVID-19で入院した百寿者4例の患者背景や予後を第119回日本内科学会(4月15~17日)で紹介。予測死亡率が高いにもかかわらず、全例が回復しており、「未知の疫学」が存在する可能性を指摘した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  コロナ感染の百寿者、「未知の疫学」が存在か

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545578 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外