メニューを開く 検索 ログイン

ワクチン接種妊婦、重篤な婦人科症状はまれ

日本人対象のオンライン全国調査

2022年05月13日 05:05

3名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 妊婦における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの接種状況と安全性について、日本人を対象とした大規模研究の結果が示された。日本大学病態病理学系微生物学分野准教授の相澤(小峯)志保子氏らは、昨年(2021年)10月時点でワクチンの2回接種を完了した妊婦は73.6%で、接種後の重篤な産科・婦人科症状は1%未満だったとJ Obstet Gynaecol Res2022年5月10日オンライン版)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  ワクチン接種妊婦、重篤な婦人科症状はまれ

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545580 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外