メニューを開く 検索 ログイン

高齢関節リウマチ、安易なバイオ中止回避を

2022年05月16日 05:00

14名の医師が参考になったと回答 

 関節リウマチ(RA)に対し十分量のメトトレキサート(MTX)を用いても効果が不十分な場合に生物学的製剤や低分子化合物を使用するという標準治療が施行できない高齢患者群が存在しており、臨床的課題の1つとされている。愛知医科大学整形外科特任教授の高橋伸典氏は、生物学的製剤使用症例データベースを使って高齢RA患者の生物学的製剤の継続率や中止要因などを解析、結果を第66回日本リウマチ学会(4月25~27日)で発表。その上で、「有害事象による生物学的製剤の安易な中止は回避すべき」などと高齢患者に対する長期的な薬物戦略の自説を述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  高齢関節リウマチ、安易なバイオ中止回避を