メニューを開く 検索 ログイン

重症呼吸器感染症で精神神経疾患リスク増

英・800万超例対象のコホート研究

2022年05月16日 15:11

5名の医師が参考になったと回答 

 英・University of OxfordのAshley K.Clift氏らは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)またはそれ以外の重症急性呼吸器感染症(SARI)による入院後に生存退院した成人5万例弱と一般人口約830万人を対象とするコホート研究で、退院後の精神神経疾患の発症リスクを検討。その結果、一般人口に比べてCOVID-19だけでなくSARIの生存退院例では、不安障害、認知症、精神病性障害、双極性障害のリスクが一般人口に比べて有意に高かったとJAMA Psychiatry2022年5月11日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  重症呼吸器感染症で精神神経疾患リスク増