メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  麻酔科 »  麻酔科医不足の問題に学会が声明

麻酔科医不足の問題に学会が声明

看護師の特定行為研修を推進

2022年05月17日 17:00

51名の医師が参考になったと回答 

 麻酔科医のマンパワー不足が深刻な問題となっている。日本麻酔科学会は、安全かつ効率的に周術期医療を行うための方策として2014年以降、医師以外の職種を含めた周術期チームを推進している。同学会理事長の山蔭道明氏は5月13日、特定行為研修を修了した看護師が術中麻酔管理の一部の医療行為だけでなく、周術期チームの一員として能力を十分に発揮できるよう推進していくなどとする声明を発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  麻酔科 »  麻酔科医不足の問題に学会が声明