メニューを開く 検索 ログイン

ACS医の存在意義と診療体制への貢献

2022年05月18日 12:07

5名の医師が参考になったと回答 

 近年、外傷外科、救急外科、外科的集中治療の3領域を担当する新たな診療概念である「acute care surgeon;ACS」が確立されてきた。鳥取県立中央病院院長補佐/高次救急集中治療センターセンター長/救急外傷外科部長/救急集中治療科部長の小林誠人氏は、ACS医の存在意義や診療体制への貢献について検討を実施。第122回日本外科学会(4月14〜16日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  臨床医学 »  ACS医の存在意義と診療体制への貢献