メニューを開く 検索 ログイン

「糖尿病を持つ人」へのスティグマ対策に注力

植木理事長が日本糖尿病学会の取り組みを報告

2022年05月18日 12:15

11名の医師が参考になったと回答 

 日本糖尿病学会理事長の植木浩二郎氏(国立国際医療研究センター糖尿病研究センターセンター長)は、第65回日本糖尿病学会(5月12~14日)において理事長声明を発表し、同学会のさまざまな取り組みについて報告した。同学会の活動は診療・研究面だけでなく、社会的使命も担っている。同氏が特に問題視したのは、糖尿病患者(糖尿病を持つ人)がスティグマにさらされたり、社会的不利益を被ったりしている現状で、それらを取り除くためのアドボカシー活動に注力していることを強調した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  「糖尿病を持つ人」へのスティグマ対策に注力