メニューを開く 検索 ログイン

診療報酬、ロボット手術で前進も「厳しい改定」

外保連

2022年05月19日 05:00

11名の医師が参考になったと回答 

 今年度(2022年度)の診療報酬改定が4月1日から適用となった。外科系学会社会保険委員会連合(外保連)は5月16日、第26回記者懇談会を開き、改定について見解を発表。また今回の改定では、ロボット支援手術の保険適用術式が拡大され、胃がん領域ではロボット支援手術時の診療報酬点数が加算されたことなどを踏まえ、各学会からロボット支援手術に関する意見も提示された。外保連実務委員長で東京大学病院長の瀬戸泰之氏の報告を中心に紹介する。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  臨床医学 »  診療報酬、ロボット手術で前進も「厳しい改定」