メニューを開く 検索 ログイン

低血糖はCGMと治療薬適正化で予防を

高齢糖尿病患者の課題

2022年05月20日 14:50

11名の医師が参考になったと回答 

 高齢糖尿病患者では、重症低血糖を発症すると転倒・骨折、認知症、心血管疾患のリスクが上昇するなどの課題がある。徳島大学先端酵素学研究所糖尿病臨床・研究開発センターセンター長の松久宗英氏は、高齢糖尿病患者の低血糖における重症化の病態、対策について第65回日本糖尿病学会(5月12~14日)で講演。「高齢糖尿病患者では、加齢に伴う腎機能、認知機能の低下、インスリン・SU薬の使用などにより低血糖が重症化すると、健康寿命・寿命の短縮につながるため、持続グルコースモニター(CGM)と治療薬の適正化により低血糖を予防することが重要だ」と述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  低血糖はCGMと治療薬適正化で予防を