メニューを開く 検索 ログイン

糖尿病網膜症の早期発見にシスタチンC

網膜スクリーニングのトリアージとして有用

2022年05月23日 16:28

13名の医師が参考になったと回答 

 英・University College LondonのSarega Gurudas氏らは、英国とインドの2型糖尿病患者を含む成人500例超を対象に、失明の恐れがある糖尿病網膜症(sight-threatening diabetic retinopathy;STDR)の血中バイオマーカー候補13種の有用性を検証する多施設横断研究を実施。その結果、循環血液中のシスタチンC濃度は、医療資源が乏しい低・中所得国においてSTDRの高リスク患者を網膜スクリーニングの優先対象として選別するための有用なバイオマーカーになりうることが示されたとJAMA Ophthalmol2022年5月5日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »   »  糖尿病網膜症の早期発見にシスタチンC