メニューを開く 検索

SABA/ICSで喘息発作リスク低下

世界295施設・中等症〜重症喘息患者3,000例対象の第Ⅲ相試験

2022年05月23日 05:00

17名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 イタリア・University of Ferrara Medical SchoolのAlberto Papi氏らは、吸入ステロイド薬(ICS)を含む維持療法を受けているがコントロール不良の中等症~重症喘息患者3,000例超を対象に、短時間作用型β2刺激薬(SABA)アルブテロール(サルブタモールの別名)/ICSブデソニド定量吸入の有効性と安全性をアルブテロール単独と比較する第Ⅲ相国際二重盲検ランダム化比較試験MANDELAを実施。その結果、アルブテロール/ブデソニド投与により喘息発作リスクが短期で26%、年間では25%低下したとN Engl J Med2022年5月15日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  呼吸器 »  SABA/ICSで喘息発作リスク低下